人類最古の絵画が眠るショーヴェ洞窟

フランス南部、自然が作った天然の橋「ポン・ダルク」の近くに人類最古といわれる壁画を抱いた洞窟があります。

1994年に発見され、発見者の一人の名前をとって「ショーヴェ洞窟」と名づけられたこの洞窟内には約300点の壁画が広がっているそうですが、残念ながら現在一部の研究者を除いてその立ち入りが禁止されている貴重な場所です。

<洞窟内部に広がる3万2000年前の壁画の数々>

ショーヴェ洞窟の見どころは何といっても、洞窟内部に描かれている数多くの壁画でしょう。 研究の結果260点以上もあるそれらの絵は約3万2000年前のものとされ、牛やライオン、トナカイ、マンモスなど主に動物をモチーフにして描かれていることから当時の生活の中でいかに動物が重要な存在であったかを知ることができます。

しかし現存する絵画は3万2000年前・・・つまり旧石器時代に描かれたとされていますが、発見までの年月から考えるとその保存状態は「奇跡」と言われるほど良好な状態で発見されています。ではなぜ3万年もの長い間そのような状態を維持することができたのでしょうか。

その理由は約2万年前に起きた岩の倒壊にあります。この時、崩れた岩が洞窟の入り口を塞いだことにより外気が遮断されたため、1994年の発見時には鮮やかな壁画がそのまま保存されていたそうです。 洞窟内部に描かれた壁画の中にはすでに絶滅した動物も描かれており、当時の環境を知る重要な手がかりとされています。

<実は世界遺産にも登録されている貴重な遺跡>

ショーヴェ洞窟は2014年にユネスコの文化遺産として世界遺産にも登録されています。 世界遺産の中にはショーヴェ洞窟のように観光客の立ち入りが禁止あるいは制限されている場所というのが多く存在しており、その中でも洞窟壁画で知られる文化遺産は人の呼気や外気による劣化を防ぐため、多くの場所が観光客などの立ち入りを厳しく制限しているのです。

実際に同じフランスの西南部にあるラスコー洞窟は、かつて多くの観光客を受け入れていましたが人間の吐く二酸化炭素によって内部の壁画が急速に劣化したため、保全を理由にその立ち入りが禁止されてしまいました。 発見当初は鮮やかな壁画が残っていたショーヴェ洞窟も、外気が入り込むことなどにより急速にその劣化が進んだため、政府の指導によって洞窟内部は一般に非公開となっています。

<ショーヴェ洞窟の壁画を見るには?>

一般の立ち入りが禁止されているショーヴェ洞窟ですが、洞窟から数百メートル離れた場所にある「ポン・ダルク洞窟」で壁画のレプリカを見ることができます。

レプリカといっても内部の壁画だけではなく、8,000㎡の広さがあるショーヴェ洞窟を3,000㎡のスペースに復元、「ミリ単位」で忠実に再現したというポン・ダルク洞窟はその内部だけではなく、空気や温度、匂いまでもが完璧に再現されています。 嗅覚までもが再現されているというこの施設、現代の技術と科学の結晶をぜひ体験してみてください。

<ショーヴェ洞窟の周辺にはこんな場所も>

ショーヴェ洞窟の近くには「ヨーロッパ最大の天然橋」と知られる橋、ポン・ダルクがあります。アルデシュ渓谷に架かるこの天然橋は川の流れが岩を浸食してできたものですので実際に機能はしていませんが、周囲の景観と合わせて南フランスの有名な観光スポットの1つに上げられています。

またポン・ダルク橋があるアルデシュ渓谷自体がカヌーやカヤックといったアウトドアの人気スポットでもありますので、アウトドアに興味がある方もない方も1度訪れてみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 世界中の古代遺跡を巡る旅. All Rights Reserved.