世界でも有数の石窟遺跡・アジャンター石窟群

インドには、岩を掘削して築かれた石窟が多く存在しています。その中でも特に良く知られているのがアジャンター石窟群です。 この石窟群には大小30もの石窟が存在しており、インドでも最大の仏教石窟寺院群としても知られています。 この地に多く存在していた洞窟を、仏教僧が住居として使用していたものを、寺院として使用するために掘削したことがルーツとされています。インドにある大手ジェネリック医薬品メーカー「アジャンタファーマ」社もこの石窟群の名前が由来なのかもしれません。日本ではバイアグラのインド製ジェネリックとして「カマグラ」が有名です。ちなみにアジャンタとはインド中部、ムンバイ北東のマハラシュトラ州の地名です。

<掘削時期による違いを楽しむ>

アジャンター石窟群の掘削時期は、紀元前2世紀頃から、2世紀へかけての間と、5世紀以降に分かれています。その間、インド国内での仏教派閥の勢力が変化してしまったため、内部の様式が掘削時期によって異なっています。 もちろん、5世紀以降に改造されてしまった石窟も多いため、2世紀以前のものはかなり少なくなっていますが、十分に違いを感じ取ることができるでしょう。

<美術的価値の高い壁画を楽しむ>

後期の5世紀以降の石窟には、美術的価値の高い美しい壁画が多く描かれています。色鮮やかな色彩が使われたこの壁画を見るだけでも、この地を訪れる価値があるといわれるほどです。 壁はもちろん、天井まで埋め尽くされた壁画に注目してアジャンター石窟群を楽しみましょう。

<アジャンター石窟群観光のポイント>

気候的にベストシーズンとなるのは11月から1月にかけての冬季です。夏季は日差しが強く、気温もとても高くなりますのであまり観光には向きません。 年間を通して暖かいインドであっても、夜間はかなり気温が下がることもありますので上着も必ず用意しておくようにしましょう。

あらゆる宗教遺跡の中でも特に美しいとされるインドのアジャンター遺跡も、アジアの遺跡巡りを楽しむ上で押さえておきたい場所の一つでしょう。 インドといえば現在はヒンドゥー教のイメージが強くなっていますが、かつて栄えた仏教文化を知ることのできる場所としてもとても貴重な遺跡です。

Copyright(c) 世界中の古代遺跡を巡る旅. All Rights Reserved.