カンボジアの歴史を実感できるアンコール遺跡へ

アンコール遺跡は、万里の長城と並ぶアジアの古代遺跡として広く知られています。有名なアンコールワットをはじめとする、大小さまざまな遺跡が集まっている遺跡群です。 しかし、このアンコール遺跡は一般的な遺跡群とは違い、異なった時代の遺跡が同時に存在しています。ですので、この地に集まった遺跡を見比べることによって、かつてこの地で栄華を極めたクメール王朝の歴史を体感することができる場所となっています。
カンボジアのことならコチラが参考になります⇒カンボジア観光案内所 - nifty

ここではそんなアンコール遺跡の魅力をご紹介したいと思います。

<複数の時代を体感する>

一般的に遺跡といえば複合遺跡や遺跡群であっても一つの時代だけのものとなります。しかし、このアンコール遺跡は、異なった時代、そして別の王朝の遺跡が集まっている遺跡群となります。

当然建築様式や材質なども違っていますので、各時代の文化などを同時に感じ取ることのできる貴重な遺跡です。 アンコールワットやアンコールトムが特に有名ですが、そのほかにも見るべき場所の多い遺跡ですので、ゆっくりと時間をかけて楽しみたい場所です。

<アンコール遺跡観光のポイント>

年間を通して気温が高くなるカンボジア観光のベストシーズンは11月から2月までにかけてです。冬季とはいっても気温は25℃前後ですので、夏服で十分でしょう。また降雨量の少ない時期でもありますので、遺跡巡りにはもっとも適したシーズンであるといえるでしょう。アンコール遺跡で見逃すことのできないポイントは、各遺跡の様式の違いです。前述のように、異なった時代の遺跡が隣り合って並んでいますので、各時代の建築スタイルを見比べることができます。

また、いたるところに配置された緻密な彫刻も必ずチェックしておきたいポイントです。ここにも、各時代の生活や宗教観などがあらわれています。

他の古代遺跡群とは異なった個性的な構造を持っているアンコール遺跡は見所の多いスポットです。 アジアの古代遺跡を巡るのであれば、真っ先に行きたいスポットの一つであるといえるでしょう。

Copyright(c) 世界中の古代遺跡を巡る旅. All Rights Reserved.