ヨーロッパ最大規模の遺跡群・ローマへ

現在のイタリアの首都でもあるローマは、古代から栄えてきた都市であることから「永遠の都市」とも呼ばれています。多くの貴重な遺跡の集まるエリアですので、古代遺跡ファンではなくても一度は足を運んでみたい場所ではないでしょうか。
>>>「古代ローマの遺跡」 ローマ 観光スポットガイド | 地球の歩き方<<<

ここではイタリア旅行の定番スポットでもあるローマの遺跡についてご紹介しましょう。

<古代ローマ帝国の原点>

ローマの起源は、紀元前9世紀ごろに北方から進出してきた民族が定住し、作られた集落であるとされています。 当初は周囲約4キロ程度の小さな街でしたが、約200年の時をかけて都市国家としての整備が進められました。この時期に作られたのが、政治の中心となるフォロ・ロマーノです。

紀元前5世紀ごろになると領土を広げはじめ、ローマ街道の整備や、水を供給するためのローマ水道の建設などが行われるようになります。 このしっかりとした国土の整備により、さらに発展し、やがてローマ帝国は小さな都市国家から大帝国へと変貌して行きます。

<ローマ帝国の高い技術力>

前述のローマ街道やローマ水道の建設技術のみでなく、ローマ帝国はさまざまな技術を生み出しました。特に建築の世界に革命をもたらしたのが、現在のセメントのような役割を果たす結合剤の発明です。これによって建築技術が発展し、コロッセオやパンテオンなどの画期的な巨大建築物が建造されるようになりました。

こういったローマ帝国の高い技術力によって作られた建築物は、古代遺跡として現在でもローマ各地に点在しています。

<ローマ観光のポイント>

年間を通して気候は温暖なため、雨の多い冬季以外は十分に観光を楽しむことができるでしょう。ただ、夏季は日差しがかなり強くなりますので、帽子や日焼け止めなどは必ず用意しておくようにしましょう。 見るべきスポットも多いため、出来る限りローマ滞在の日程は長めにとっておくべきでしょう。 観光地としても栄えているため、宿泊施設や飲食店なども豊富です。 遺跡以外の街並みも中世のヨーロッパを感じさせてくれるムード満点のエリアですので、カップルでの旅行や新婚旅行などにも最適な場所であるといえるでしょう。

結婚後の初夜はローマで…といったカップルも少なくありません。しかし、ときには旅の疲れや、極度の緊張から男性機能に障害が起こってしまうこともあります。事前に専門クリニックなどで診察を受けた上で、治療薬などを用意しておくと良いかもしれません。もうじきジェネリック医薬品も登場しますので手軽に入手することができるようになるはずです。30代、40代以上の男性は特に、一生に一度の新婚旅行のため、事前の準備は怠らないようにしましょう。

このようにローマはとても見所の多いエリアです。とても一日では周りきることのできないほど多くの古代遺跡が存在していますので、ゆっくりと時間を取り、しっかりと計画を立てて旅行に臨みましょう。

Copyright(c) 世界中の古代遺跡を巡る旅. All Rights Reserved.